送信

プロテインによる下痢や腹痛、その原因と解決法を徹底解説

ホエイプロテインで腹痛や下痢に襲われる、、そんなあなたに

ホエイプロテインは日本に置ける代表的な種類のプロテインで、現在のシェアはプロテイン使用者の中の80%を占めると言われております。

そんな沢山の使用者がいるホエイプロテインですが、 それと同時に多くの腹痛や下痢といった副作用に悩まされている人がいるのはご存知でしょうか。

今回はそんなホエイプロテインによる下痢や腹痛の原因と解決法を解説していきます。

 

腹痛の原因

 

ホエイプロテインの腹痛の原因はその原材料にあります。

ホエイプロテインはその名のとうり「ホエイ(乳清)」と呼ばれるものから抽出したたんぱく質で、ヨーグルトの上澄みにできることで知られています。

このホエイは牛乳やヨーグルトと同様に乳製であり、「乳糖」と呼ばれる成分を含みます。

この乳糖がホエイプロテインの腹痛や下痢の原因となります。

 

日本人に多い「乳糖不耐症」

乳糖不耐症とはホエイプロテインの腹痛の原因とされる乳糖を分解し難い体質の事を指し、日本人はこの乳糖不耐症者が特に多いとされてます。

乳糖不耐症に人はホエイプロテインだけでなく乳糖を含む牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品に反応し、腹痛や下痢といったお腹の不調や頭痛といった症状を引き起こします。

乳糖不耐症の原因

日本人に多い乳糖不耐症ですが、その原因は先天性と後天性の2種類に分類されます。

そもその乳糖不耐症とは乳糖(ラクトース)を分解するための酵素(ラクターゼ)の分泌を十分に行うことができない体質の事を指します。

先天性の乳糖不耐症とはそもそも生まれつきラクターゼ(乳糖分解酵素)を持たず、少量の乳糖ですら体反応してしまい、腹痛や下痢を吹き起こします。

この場合は、ラクターゼ製剤と呼ばれる乳糖分解酵素を補充する製剤により症状を緩和する治療方などが存在します。

次に後天的の乳糖不耐症ですが、こちらは個人差があり、少量であれば症状が出ない方や、大人になってから乳糖不耐症になった方など様々です。

ラクターゼ(乳糖分解酵素)は歳を重ねるごとに生成量が減るとされ、大人になるに連れ乳糖摂取による症状を発症することは少なくありません。

また、ラクターゼは子供の頃から積極的に摂取することで分泌量が増えるとされ、幼い頃に牛乳やヨーグルトといった乳製品を多く取っていた方は発症する可能性が低いとされています。

乳糖不対象の解決法

 

今回は乳糖不耐症によりホエイプロテインが飲み難いと言う方の為の解決法です。

そもその乳糖不耐症の方はホエイプロテインを上手く分解することができず、効果的にプロテインを摂取し難い体質です。

よって理論上は優秀とされるホエイプロテインであっても乳糖不耐症の方はホエイプロテインを避けた方が良いでしょう。

日本で販売されているプロテインで乳糖を含まないものではソイプロテインの名がよく上がります。

しかし、ソイプロテインは女性ホルモンの分泌やイソフラボンの過剰摂取リスクといった問題点も挙げられており、真剣にトレーニングやだエイっと、スポーツに取り組む方にはデメリットも多くあります。

そこで現在ではピープロテインライスプロテインナッツプロテイといった優秀なたんぱく質を持ったプロテインの研究が進んでおり、その効果が実証され始めています。

乳糖不耐症の方はそういった乳糖を含まないプロテインを選択する事が解決に繋がり、高いパフォーマンスを出すことにも繋がるでしょう。

 

最後に

 

現在ではプロテインにも様々な種類が存在しており、その有用性が高い事が証明されているプロテインも多くあります。

より高いパフォーマンスを出す為にも自分に合ったプロテインを見つける事がとても重要となります。