NUTRITION

ピープロテインとは? | BCAAやアルギニン豊富なえんどう豆たんぱく質 | ANOMA SPORTS NUTRITION

ピープロテイン(えんどう豆タンパク)とは? 植物性たんぱく質として欧米で注目される持続可能な食品 Author Anoma, INc / Category Nutrition /   プロテインと言えば、ホエイとソイ。長らくスポーツニュートリション界では、この二つがプロテインとして親しまれてきました。 しかし、時代は変わり、私たちにはよりサスティナブルで健康な、そして質の良いプロテインが求められています。   そこで誕生したのがピープロテイン、いわゆる黄色えんどう豆から作られた新しい植物性プロテインです。 アメリカでは2019年にこのピープロテイン で作られたお肉を売る会社「 Beyond meet」が株式上場するなど、ピープロテインが圧倒的、かつ熱狂的なブームになっています。  国内ではセレブに人気、健康にいいというイメージが先行しているえんどう豆プロテインですが、一体なぜなのでしょうか。この記事では、ピープロテイン (えんどう豆プロテイン)について、様々な視点から解説していきます。 今回はVol.1「そもそもピープロテインとは何か」です。 READ MORE! (COMING SOON!) Vol.2 ピープロテインのメリット・デメリットVol.3 欧米で大人気「えんどう豆バーガー」とはVol4. 持続可能なスポーツとタンパク質Vol5. 植物性たんぱくとコレステロールの関係 ピープロテインとは...
続きを読む
プロテインによる下痢や腹痛、その原因と解決法を徹底解説

プロテインによる下痢や腹痛、その原因と解決法を徹底解説

ホエイプロテインで腹痛や下痢に襲われる、、そんなあなたに ホエイプロテインは日本に置ける代表的な種類のプロテインで、現在のシェアはプロテイン使用者の中の80%を占めると言われております。 そんな沢山の使用者がいるホエイプロテインですが、 それと同時に多くの腹痛や下痢といった副作用に悩まされている人がいるのはご存知でしょうか。 今回はそんなホエイプロテインによる下痢や腹痛の原因と解決法を解説していきます。   腹痛の原因   ホエイプロテインの腹痛の原因はその原材料にあります。 ホエイプロテインはその名のとうり「ホエイ(乳清)」と呼ばれるものから抽出したたんぱく質で、ヨーグルトの上澄みにできることで知られています。 このホエイは牛乳やヨーグルトと同様に乳製であり、「乳糖」と呼ばれる成分を含みます。 この乳糖がホエイプロテインの腹痛や下痢の原因となります。   日本人に多い「乳糖不耐症」 乳糖不耐症とはホエイプロテインの腹痛の原因とされる乳糖を分解し難い体質の事を指し、日本人はこの乳糖不耐症者が特に多いとされてます。 乳糖不耐症に人はホエイプロテインだけでなく乳糖を含む牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品に反応し、腹痛や下痢といったお腹の不調や頭痛といった症状を引き起こします。 乳糖不耐症の原因 日本人に多い乳糖不耐症ですが、その原因は先天性と後天性の2種類に分類されます。 そもその乳糖不耐症とは乳糖(ラクトース)を分解するための酵素(ラクターゼ)の分泌を十分に行うことができない体質の事を指します。 先天性の乳糖不耐症とはそもそも生まれつきラクターゼ(乳糖分解酵素)を持たず、少量の乳糖ですら体反応してしまい、腹痛や下痢を吹き起こします。 この場合は、ラクターゼ製剤と呼ばれる乳糖分解酵素を補充する製剤により症状を緩和する治療方などが存在します。 次に後天的の乳糖不耐症ですが、こちらは個人差があり、少量であれば症状が出ない方や、大人になってから乳糖不耐症になった方など様々です。 ラクターゼ(乳糖分解酵素)は歳を重ねるごとに生成量が減るとされ、大人になるに連れ乳糖摂取による症状を発症することは少なくありません。 また、ラクターゼは子供の頃から積極的に摂取することで分泌量が増えるとされ、幼い頃に牛乳やヨーグルトといった乳製品を多く取っていた方は発症する可能性が低いとされています。 乳糖不対象の解決法   今回は乳糖不耐症によりホエイプロテインが飲み難いと言う方の為の解決法です。 そもその乳糖不耐症の方はホエイプロテインを上手く分解することができず、効果的にプロテインを摂取し難い体質です。 よって理論上は優秀とされるホエイプロテインであっても乳糖不耐症の方はホエイプロテインを避けた方が良いでしょう。 日本で販売されているプロテインで乳糖を含まないものではソイプロテインの名がよく上がります。...
続きを読む
ピープロテインのメリット・デメリットとは-今これほどまでにピープロテインが人気の3つの理由

ピープロテインのメリット・デメリットとは-今これほどまでにピープロテインが人気の3つの理由

ピープロテイン のメリットとデメリット プロテインと言えば、ホエイとソイ。長らくスポーツニュートリション界では、この二つがプロテインとして親しまれてきました。 しかし、時代は変わり、私たちにはよりサスティナブルで健康な、そして質の良いプロテインが求められています。そこで誕生したのがピープロテイン、いわゆる黄色えんどう豆から作られた新しい植物性プロテインです。 アメリカでは2019年にこのピープロテイン で作られたお肉を売る会社「 Beyond meet」が株式上場するなど、ピープロテインが圧倒的、かつ熱狂的なブームになっています。   それでは、ピープロテインがこれほどまでに注目されるのにはどんな理由があるからなのでしょうか。そこで今回は、持続可能なタンパク質「黄えんどう豆たんぱく=ピープロテイン 」のメリットとデメリットについてご紹介して行きます。   ピープロテインのメリット 1.地球と体に優しい、持続可能なタンパク質 一番のメリットは、植物性で地球にも体にも優しいということが挙げられます。体への優しさと言う面で、植物性プロテインは、コレステロールの上昇を抑えるばかりか、マウスを用いた研究によれば血圧の上昇を抑えることが知られています。  参考: Blood pressure lowering effect of a pea protein hydrolysate in hypertensive rats and humans また、牛のげっぷは地球温暖化の大きな原因と言われていて、世界中でなるべく乳製品の利用を控えようという取り組みも始まっています。ある研究では、同じ量のホエイプロテインを作る水分量と比較してピープロテイン...
続きを読む
Sale

Unavailable

Sold Out